【プチ援】女子高生(JK)の手コキ・フェラ援交の募集は危険

【プチ援】女子高生(JK)のフェラ手コキ募集は危険

10代の若い女性や女子高生と関係を持ちたい一心で、出会い系サイトに登録し、目を皿にして18才以下を探す。きっとピュア掲示板もアダルト掲示板も見ている人もいるでしょう。出会い系サイトを使始めたばかりならそうなりますよね。分かります。なんせ俺は色々なネット上の掲示板で試しまくって、そのたびに援交とかの誘惑に負けそうになることが多い。

 

当サイトでは真摯な付き合いという意味で女子高生を探す目的がありますが、今回は少しだけ予備知識として援交の情報を紹介します。それが「プチ援」です。

 

プチ援とは?

プチ援とは本格的なセックスをするのではく、フェラや手コキでお小遣いを稼ぐというものです。本番をしないから当然女性の負担は小さいですし、男性側も相場が安いの気軽にできると言う良い条件が集まっている援交の活動です。本番に抵抗がある女性が稼ぎたい時は、本番を1回やるのではなく、プチ援を1日に何回も行う場合もあります。

 

プチ援の時間

基本的に短時間で30分〜1時間で終わらせる事が多いです。

 

プチ援する場所

プチ援するのはラブホテルである必要はありません。二人になれる場所であればOK。男性が車で迎えに行って、その辺の駐車場で済ますというのが一番多いと思います。後はカラオケは使いやすいでしょう。カラオケは昼なら30分80円くらいで入室する事が出来ます。こんなに安いから高校カップルがカラオケでセックスをしてしまうのでしょう。他には駅などの大型施設の障害者用トイレも使われる事が多いです。

 

プチ援の条件

普通の女性がプチ援をした場合の相場は下記のような金額になります。

  • フェラ…6〜9000円
  • 手コキ…3〜5千円

ただ、女子高生(JK)がプチ援をした場合はこれの2倍から3倍の金額に跳ね上がる事でしょう。女子高(JK)のブランドがプラスされるからです。

  • フェラ…1〜3万円
  • 手コキ…1万〜2万円

 

女子高生がプチ援をしいるのか?

正直な所「ない!」とは言い切れないのが実情です。

 

出会い系サイトの登録は年齢確認を他の人の身分証を利用する事でパスできてしまいますし、TwitterやLINE掲示板は年齢確認そのものがない。そこで女子高生と出会っている人がテレビのニュースになっているように、援助交際をしている人もいるのだから、プチ援をしている人もいるでしょう。

 

Twitterの「#プチ援」はアマギフ詐欺の可能性が高い

Twitterでの女子高生(JK)の出会いはアマギフ詐欺が流行しているから注意してください。アマギフ詐欺とはアマゾンギフト券の番号を先に教えてもらって、女性側がポイントを持ち逃げするという手口の詐欺です。ツイッターではこの手の小さなコソ泥が大量発生。「どっちも悪いでしょ」という意見もあるツイ援にぐうの音もでない被害者。ましてや警察に言えるわけもないですよね。

 

Twitterはプチ援ができそうで危ない場所です。繰り返しになりますが何より未成年と出会ってしまう可能性も大アリです。

 

注意:プチ援であろうと18才未満の女性との援助交際は法律違反で厳しい罰則があります。犯罪ですので絶対に辞めてください。

 

高校生の18才はダメなのか?

実のところ高校生の18才は「青少年」や「児童」に含まれない事になっています。つまり大人のルールである。「援助交際は違法だけど罰則を受けることはないルール」が適応されることになります。ですが、高校生な事は変わりません。そもそも出会い系サイトだった場合、高校生は規約違反ですし、危ないのは変わりません。

 

どうしても18歳の女子高生(JK)とプチ援をしたい場合は18歳の高卒女性に制服のコスプレをさせれば、ほぼ高校生でしょう。

 

ひと昔前は大流行りだったJKのプチ援

1990〜2000年代は女子高生(JK)のプチ援・援助交際は大流行りでした。プチ援だった場合は、JKの下着の手渡しからフェラ・手コキまで。当時は女子高生(JK)が手コキしただけで5万円がやり取りされる時代でした。今よりも乱れていた時代です。女子高生は遊ぶお金を欲し、男は当時大流行りしたス〇ービーチという大手の出会い系サイトを利用していたそうです。

 

参考「神待ち少女」黒羽幸宏

 

 

もし女子高生のプチ援があったとしても、犯罪になってしまうので絶対に手を出さないようにお願いします。

 

JK雑誌で紹介されている出会い系