LINE掲示板-女子高生との出会い

ライン掲示板にいる女子高生

ラインJK

 

数年前、ラインのID交換掲示板は女子高生と接触できる最強の出会いツールだった。しかし、2015年の現在。ラインID掲示板で女子高生と出会いを作るのは難易度超マックスと言って良い。あまりに規制が激し過ぎるからです。現在のライン掲示板で活動している女子は20代〜30代が中心。10代の利用者は激減したと言って良い。なぜなら、PRを10代で設定するとサイバー補導の対象として目を付けられやすいと判断していると思われるからです。
ようは掲示板上で自らをJKと語るユーザーは激減している状況です。って言うか、女子高生だと語るユーザーがいたら、かなりのオツムが弱いとしか思えない。

 

年齢詐称している女子高生もライン掲示板には存在すると思われる。しかし、未成年の場合、ラインで他者とID交換をすることは年齢制限によりできないのです。
ID掲示板を通じての援助交際による摘発が増えたため、LINE運営側が18才未満の利用者に年齢認証を設けたからです。だが、この規制も一時は焼け石に水でした。LINEの使い方をちょっと知るだけで年齢制限をパスして簡単にID交換ができてしまう裏ワザが広がる。しかし、それも当局の指導によるものなのか?2015年の掲示板の運営者ID以外の表記をすることはできなくなったのです。

 

掲示板運営者による通報、サイバー補導による監視が強まっている為、ライン掲示板で女子高生と交際することは非常にリスクが高い状況と言わざるを得ない。
しかしながら、女子高生以外の女性と交流することはライン掲示板は現在も有効なナンパツールの一つでもある。

 

代表的なラインのID掲示板
http://www.line-friends.net/?page=30
http://xn--line-jb1gh65fv8fqx3b2p7b.com/

 

サイバーポリスによるJK補導

2014年の春。警視庁のサイバーポリスは職員に調査用のスマホを大量に配布。未成年に人気がある掲示板やSNSを監視。女子高生を名乗るユーザーに注意勧告するサイバー補導なるものを実施。更には、待ち合わせ場所で買春現場を抑えて現行犯逮捕する事例もある。つまり、ラインのID掲示板は警察職員の監視の体制化にあると思って良い。そのような状況で女子高生と接触を図るのは非常にリスクが高い行動だと言える。

 

 

ライン掲示板によるJKナンパ

2014年の夏。ライン掲示板で手当たり次第にID検索を実施。その結果、18才の埼玉住みの女の子と知り合う。それを通じて女子高生と知り合えた成功体験があります。ラインのIDを交換掲示板では、ハッキリ言って交際可能なユーザーを探し出すのは10人に1人いるかいないか程度だと言うのが実情。メチャ時間がかかります。
理由は2つあります。一つ目の理由は、競合男性がメチャクチャ多い為に、一部の男性だけしか交際相手に選ばれないと言うこと。2つ目の理由は業者の存在です。マジにウザいです。ラインで繋がったかと思えば業者の勧誘ラインだったというオチ。
マジに根性がないと素人ユーザーをナンパするのは至難の技としか言いようがない。ましてや、女子高生をラインのID掲示板で探すにはミッションインポッシボーだ。

 

しかし、そんな中でもラインで繋がれるユーザーはいる。
マトモな女性と繋がった場合。短文で返信が来るケースが大半です。「ラインありがとう♪」「こんにちは☆」など返信を返す糸口が少ないものばかり。だが、こういったメッセージが来る女性は業者ではない本物の女性だ。即座にレスを返すのは鉄則
それと、ライン上で繋がってしまえば規制もクソもない。俺は無謀にも、18才の女性に対して「もしかして女子高生!?」って聞いてみた。その結果、「そうだよ♪」っていうレスが来た。俺の脳内では、「現役JKキタ━(゚∀゚)━!」って感じです。
決して逃さないように、超慎重に交際することを決意。この出会いは、ハッキリ言って運が良かったに過ぎない。だが、その出会いも虚しく撃沈。なぜなら、こちらの年齢を伝えた瞬間。音信不通になってしまったからである。俺の力みすぎによる失敗でした。ラインのID掲示板で女子高生を探すのは難しいと言うのが率直な感想である。

 

JK雑誌で紹介されている出会い系