中年男性が女子高生と接するマインドセット

女子高生との接するマインドセット

女子高生とメール

30オーバーのオッサンが女子高生とメールやラインで仲良くなる方法をお伝えします。まず、ネット上でJKにアプローチする時の最初の壁は年齢に対する考え方です。自分との年齢差に躊躇をしていては女子高生と仲良くなるどころか恋愛してエッチをすることなど夢のまた夢になってしまう。

 

最初に正しいマインドセットを持ってテクニックを駆使することで自信が育まれます。。女性からモテる為の基本中の基本です。テクニックを駆使するからマインドが変わるのではありません。正しい考え方を持ってテクニックを駆使しないと恋愛テクニックなどは空振りで終わります。テクニック以前にマインド(考え方)の部分がメチャ×100くらい重要。つまり、女子校の教師のように自然に接するマインドを持つと言うことです。

 

まず正しいマインドセットを持つ為には失敗に慣れるしかないと言うのが結論。つまり女子高生からスルーされても動じないようになることです。でも、リアルでのナンパとは違ってネット上でフラれても精神的なダメージはほとんどありませんので失敗を繰り返すことは通過儀礼だと思ってください。

 

ネット上で女子高生にアプローチメールをした時に最初に受ける洗礼が年齢の壁(援交JKは除く)です。10人中9人からはメールが途絶えると思うくらいでちょうど良いです。普通の女子高生であれば相手の年齢を最初に確認してくるケースが多いのです。なぜならオッサン嫌いなJKもいるからです。最初にメールやラインを数通交わした際にJKから「年いくつ〜?」って必ず聞かれます。この時に躊躇して嘘を言う必要はありません。正直に答えたほうが後々JKと仲良くなることができた後に恋愛に発展しやすくなります。女子高生とネット上だけの交際で満足するならば良いが、女子高生とリアルで出会いを作ることをゴールにしているならば年齢の嘘は致命的になります。ちなみに俺が何度も失敗しています。JKとデートをする時になったら会いづらくなると言う状況に陥るからです。

 

信じられないかもしれないが大人の男性に興味のある女子高生も一定数います。アナタがターゲットとすべきはこのようなJKだと言うことを忘れないで下さい。年上男性と交際していることを自慢する女子高生もいるのです。経済力、包容力、経験など同世代の男性では決して満たすことができないことに不満を感じている女子もいるからです。

 

女子高生と接するマインドを一言で言い表すならばお兄ちゃんキャラです。アナタの外見にもよりますが30代半ばまでは通用します。お兄ちゃんキャラのキーワードは共感、イジる、可愛がるです。だが、オッサンキャラだけは絶対にNGです。説教、偉そう、自慢などはオッサンキャラのキーワードですよ。

 

メールやラインの文面からも女子高生はこちらのキャラを察してきます。JKと交際で重要なのは年齢差よりも正しいマインドセットを持ったコミニュケーション能力です。

 

JK雑誌で紹介されている出会い系