法律に違反しない出会い-女子高生との出会い

法律に違反しない女子高生との出会い

法律

成人男性が女子高生とエッチする=犯罪ではありません。

 

仮に、40才既婚者と16才の現役JKがエッチを含めた不倫関係でも罰することができない解釈が存在します。

 

世間の常識では女子高生と成人男性が恋愛したりエッチすると犯罪であり断じて許すべからずという一般論があります。しかし、それは間違った解釈であり正確ではありません。そういったムードだけは否めませんが・・・。

 


女子高生との援助交際は法律で固く禁止されております。
18才未満の児童と対価を交換する出会いは絶対に行ってはいけません。

 

問題視されているのは女子高生とエッチするプロセスにあります。

 

法律違反のプロセスの代表例が女子高生との援助交際です。成人男性が女子高生(jk)を金銭や物で誘引して性的行為を求める手段は厳しく断罪されます。それは、援助交際というプロセスでの性的行為だからです。女子高生とエッチする行為の解釈は都道府県によって淫行条例により異なります。どのあたりからわいせつな行為に該当するか等などです。しかし、いずれの都道府県も援助交際による性的行為は児童買春法違反となります。

 

しかし、成人男性と女子高生とエッチしても淫行条例にも児童買春法にも違反しない唯一の法的解釈があります。それは女子高生と真摯な恋愛を通じての性的行為です。(14才未満は除かれる)

 

警視庁の淫行処罰規定にもハッキリと「婚約中の青少年又はこれに準ずる真摯な交際関係にある場合は除かれる」と小さな文字で明言されています。この場合は、女子高生の親の許可もいりません。この場合、女子高生と真摯な交際をしているという双方の意見の一致と客観的に証明できる事実が必要になります。(相手の女子高生から好意を示しているメールの履歴、友人の証言等)

 

例えば、警察に職務質問されたことを想像してみて下さい。「警察職員が女子高生に、この男性とはどういう関係にあるの?」って聞かれた場合。

 

「私達は結婚を前提に交際している関係です。」このようにハッキリと女子高生から言われた場合は警察は淫行条例、及び、淫行罪で男性を逮捕することはできません。更には、客観的に証明できる事実があれば完璧です。たとえ女子高生の親の反対があったとしても罰することができません。実際に40才の中年男性と16才の女子高生が性的な関係を含めたガチ(真剣)な不倫関係にある中、女子高生の親が交際相手の中年男性を訴えましたが裁判所は無罪の判決を下している事例もあります。つまりは、きちんと恋愛関係というプロセスを踏んでいれば女子高生とエッチしても問題にはならないということです。

 

相手のJKが16才以上であれば、自分の年齢が40才を過ぎていたとしも堂々と結婚もできるのです。民法の第731条婚姻適齢で女は16歳以上であれば婚姻をすることができると定められている。歌手の高橋ジョージと三船美佳のカップルの例が有名です。

 

法律に違反しないプロセス

仮に出会い系サイトをキッカケにした出会いでも、正しいプロセスを踏んでいれば女子高生とのエッチを法的に咎めることはできません。絶対にやってはいけないプロセスは女子高生との援助交際です。

 

知り合う→友達関係→相思相愛の恋愛→エッチ

 

知り合う→条件付きの出会い→エッチ

 

女子高生と交際している中。法律違反になるかどうかを不安視している成人男性も少なからずいるようです。そういった方は弁護士ドットコムに相談してみると良いでしょう。万一、女子高生と援助交際というプロセスを踏んでいたとしても、自首すれば不起訴になるケースも多いと聞きます。間違ったプロセスで女子高生とエッチをしてしまうと人生を台無しにしてしまいます。しかし、正しい知識とプロセスを踏んでいれば罰せられることはありません。