2015年度版〜女子高生(JK)との割り切り

割り切りと言われる女子高生との出会い

女子高生

一部の女子高生は割り切りと言われる援助交際を繰り返しています。女子高生が文字通り気持ちを割りきって男性と交際することによって金銭を得るお小遣い稼ぎ。
割り切りの意味とは、買春や援助交際のことを指します。
出会い系サイトを含むコミニュティ掲示板には「割り切りで出会いませんか?」「条件付きで出会いませんか?」いった言葉を濁した表現での書き込みが後を絶たない。

 


女子高生との援助交際は法律で固く禁止されております。
18才未満の児童と対価を交換する出会いは絶対に行ってはいけません。

 

JKビジネスからワカル!女子高生の需要

女子高生などの18才未満の児童の援助交際を防ぐ為に様々な法規制が進んでいるのはご存知だと思います。いつの世でも、女子高生の時間や肉体をお金で買いたい男性が大勢います。それをビジネスにしたJK商法も後を絶ちません。いずれも時間の問題で法律の規制を受けるの。その最たる原因は買春の温床(出会いの場)となってしまうことが理由とされます。JKというブランドはお金に変えることができるということを女子高生は容易に察しています。それゆえに割り切りの気持ちでJKビジネスのバイトを始める。だが、結局は高額なお金の誘惑に負けてしまい買春してしまうといった負の連鎖は続いている。

 

禁止されたJKビジネスの一覧

JK散歩

女子高生に観光名所を案内してもらえる

JKリフレ

添い寝やマッサージを女子高生が客に提供する

JK作業所

女子高生が折り鶴を折っている作業所を見学して楽しむ

JKお見舞い

女子高生が病室にお見舞いに来てくれるケアサービス

JKプロレス

肉体的な接触を楽しむ為に客が女子高生にプロレス技をかけてもらう

 

増え続ける援交女子高生

JK摘発

出会い系規制法、JKビジネスを禁止する条例などは焼石に水。こうした規制が進むのにも関わらず女子高生による援助交際の摘発件数は減少するどころか年々増大しています。援交JKとそれを支援する業者と警察当局のイタチゴッコが続いている。
特に目立つのが援助交際による淫行罪や児童育成条例違反による摘発事例です。
買春男性から保護することを目的にしている法律ですが実態はそれだけじゃありません。実は女子高生がお金を得る為に成人男性を誘惑するケースも非常に多いというのが実情でもあるようです。10代労働者の低賃金、低所得者層の家庭環境がその背景の一因にあるように考えられます。

 

サイト

 

女子高生との割り切り相場

積極的に援交している女子高生が提示する条件と、男性が普通の女子高生を誘惑される条件とは乖離しているケースが多い。前者の方が割り切りの相場は高い。

常連の割り切りJK 30,000円前後
援デリによる派遣 30,000円〜50,000円
援交未経験のJK 10,000円からの交渉

 

2015年〜援交JKが活動している場所

JK

出会い系サイト&コミニュティサイトを通じての出会いが圧倒的に多いのが実情。リアルで援交JKと出会える場(JKビジネスでのバイト)は都条例により年々失われてきているからです。2015年現在、サイバー警察の監視が強い年齢認証が実施されていないSNSやコミニュティサイトは援交を目的にしたユーザーは避ける傾向にある。
つまり、女子高生が自らの年齢を偽って出会い掲示板で活動しているといったケースが増えてきているようです。また、非合法の援デリという業者を介して買春を希望している男性に派遣されてお金を得ている女子高生も存在する。これらJKのキャスト(派遣スタッフ)を略して「Jキャス」と呼んで大手の出会い系サイトの掲示板を通じて業者から派遣されている。ちなみにJ1を送りますという意味は高校一年生を派遣するという意味です。

 

大手出会い系サイトのアダルト掲示板

年齢認証を実施している出会い系アプリ

 

摘発を逃れる割り切り常習者の手口

女子高生との援交を繰り返す常習犯が某雑誌の取材に答えていました。たしか、ナックルズという雑誌だったと思います。
その手口とは、割り切り目的の女子高生と出会った場合、出会い系メールやラインの履歴を目の前で全削除してもらうとのこと。それを条件に金銭を対価にして性行為に及ぶ。その後に二度と援交JKと接触しなければ現行犯以外は絶対に捕まらない。女子高生の補導による芋づる式の摘発や、美人局による恐喝の恐れもなくなると得意下に取材に答えている中年男性の記事を読んだことがあります。真偽の程は定かではありませんが、このような手口で女子高生と援交しているのだと参考にすることができました。
しかしながら、著者の考えではJKとの割り切り(援交)を繰り返すことで摘発されるのは時間の問題だと考えます。

 

JKとの割り切りは絶対にNG

女子高生との援助交際はいかなる理由においてもすべきではありません。相手が18才未満だと知らなかったでは済まされないからです。万一、目の前に女子高生と思しき女性が援交を迫ってきた場合。念の為、身分証明書の提示を求めるべきです。その時の状況をスマホで録音しておけば後々役立つ可能性もあります。仮に偽りの身分証明書を提示してきた女子高生であった場合は検挙の対象にはなりません。なぜなら、18才以上の女性だと確認した後であれば、たとえ援交によるエッチだとしても摘発の対象にはならないからです。その時に録音などの証拠が役立ちます。

 

JK雑誌で紹介されている出会い系